依知川伸一 プロフィール
Shinichi Ichikawa

1961年4月20日生まれ、千葉県横芝光町出身。 成東高校入学と同時に音楽活動開始。成蹊大学在学中にプロデビュー。以後40年、ベーシストとして沢田研二をはじめ、様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。

自身のバンド『BARAKA』は結成24年、17枚のアルバムをリリース。(7枚目からフランス・ムゼアレコードと契約、世界発売となる) 2021年1月、17枚目のアルバム『Maverick』(UICZ-4491)をユニバーサル ミュージックよりリリース。2000年から毎年海外ツアーを行い、数多くの有名フェスティバルに出演している。2018年、2019年は世界屈指のプログレフェス『Cruise to the Edge』に出演、YESやFOCUS等のレジェンドたちとの共演を果たした。

また、プロベーシストの会『地下室の会』副会長(1998年設立) として、74本のイベントをプロデュース、東日本大震災、熊本大震災の復興支援コンサート等も行っている。

《千葉県内での活動》


〇 千葉県の音楽団体『Boso Rockers Union』(2005年設立) 代表として県内のライブハウスでの音楽イベントをプロデュースしている。

〇 銚子電鉄を応援しようと『超★ライブ電車』を開催。ボランティアで年3回、走る電車の中でのライブを行っている。
(現在はコロナ禍で休止中)

〇 佐原土蔵前コンサート
千葉県指定有形文化財・副新呉服店の土蔵前でのコンサートを企画。コロナ禍で4本のライブが延期となったが、2020年9月、難波弘之氏(Keyboard)とのデュオで1回目のライブを行った。2021年にも2本のコンサートを行った。

〇 2020年、出身地である横芝光町立光小学校の校歌「光の中へ」を作詞作曲した。

〇 2021年、千葉県のプロバレーボールチーム『千葉ZELVA』の応援歌を作詞作曲した。

〇 2019年、東総地区の友人たちと市外局番0479の地区を盛り上げようと『0479クラブ』を設立、代表に就任。

<<BARAKA WEB SITE>>

<<地下室の会 WEB SITE>>

PAGE TOP